« 愛宕神社の池 | トップページ | 六本木ヒルズ・毛利庭園の池 »

御田八幡神社の湧水

Mita01

所在地:港区三田3丁目

 港区の三田周辺も大変起伏が激しい場所で、遠い昔は海が打ち寄せていたと思われる低地を通る国道15号線(第一京浜)=旧東海道に面して御田八幡神社があります。都内でも有数の古社で、和同2(709)年、東国鎮護の神社として創建されたのが始まりと伝えられています。台地斜面を背にしているため、湧水があり、石段の左脇に滝となって落ちています。ただし、水量は多くないので、涸渇の危機に瀕しているのかもしれません。滝壺は小さな池で、金魚がたくさん泳いでいます。
 神社の背後の高台には古墳のある亀塚公園があり、またこの一帯には寺院が密集しています。これらの寺院の中にも湧水のあるところがいくつかあり、大松寺、大信寺(いずれも三田4丁目)などの池が湧水のようですが、非公開です。のぞき見ることはできます。

|

« 愛宕神社の池 | トップページ | 六本木ヒルズ・毛利庭園の池 »

港区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30762547

この記事へのトラックバック一覧です: 御田八幡神社の湧水:

« 愛宕神社の池 | トップページ | 六本木ヒルズ・毛利庭園の池 »