« 行船公園・江戸川平成庭園の池 | トップページ | 善福寺池(下池) »

善福寺池(上池)

P1010505

007

所在地:杉並区善福寺3丁目

 善福寺池との出会いは中学生の時。杉並区内を曲がりくねりながら流れ、神田川に合流する善福寺川の上流はどうなっているのかと、ずっと自転車で遡ってみて、この池に行き着いたのでした。いわば、僕の池めぐりの原点で、それ以来、何度となく訪れています。
 善福寺池はもともと井の頭池や三宝寺池とともに武蔵野台地の標高50メートル付近から地下水が湧出する天然の池で、バス通りをはさんで上池と下池からなり、上池にはボート乗り場があります。
 池の最奥部に“水源”があります(下写真)。ただし、都市化の進展で、湧水は枯渇し、現在は地下水をポンプで汲み上げています。この水源を「遅之井」といいますが、それは1189年に源頼朝の軍勢が奥州征伐に向かう途中でこの地に立ち寄った際、旱魃で喉の渇きに苦しむ兵士たちのために頼朝が弓で地面を掘ったものの、なかなか水が湧き出なかったところから名づけられたと伝えられているそうです。

 ちなみに池のすぐ南側に杉並浄水場があり、地下水を汲み上げて周辺に給水していますが、この水道水は都内でも有数のおいしい水だそうです。

P2111009

 2006年1月、善福寺池に幼鳥1羽を含む6羽のコハクチョウがシベリアから飛来して話題になりました。野生の白鳥が東京まで南下してくるのはとても珍しいことだそうです。

|

« 行船公園・江戸川平成庭園の池 | トップページ | 善福寺池(下池) »

杉並区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30636957

この記事へのトラックバック一覧です: 善福寺池(上池):

« 行船公園・江戸川平成庭園の池 | トップページ | 善福寺池(下池) »