« 光が丘団地・秋の陽公園の池 | トップページ | 赤塚植物園の池 »

東京大仏・乗蓮寺の池

P7051183

P7051184

所在地:板橋区赤塚5丁目

 東武東上線下赤塚駅から赤塚中央通りを北へ行くと、道は途中から東京大仏通りと名前が変わり、やがて「東京大仏」で知られる赤塚山乗蓮寺(浄土宗)に着きます。このお寺は室町時代に創建された古刹で、もとは中山道(現国道17号線)沿いの板橋宿にありましたが、道路拡幅工事のため昭和48年に現在地に移転し、昭和52年には境内に青銅製の阿弥陀如来像が造立されました。これが東京大仏で、奈良、鎌倉の大仏に次ぐ大きさ(総高13m)だそうです。
 境内には蓮が栽培され、多くの石像が点在し、また錦鯉の泳ぐ池があります。池の真ん中にも小堂(たぶん弁天堂)があります。
 なお、境内から北へ続く丘陵地は赤塚城址で、乗蓮寺の境内は旧二の丸跡にあたります。

 乗蓮寺から大仏通りをはさんだ向かい側の丘の崖には「不動の滝」東京の名湧水57選)があります。地中から湧き出た水が落ちているもので、今は水量は少ないですが、かつては富士詣や大山詣に向かう人々がみそぎの場として利用したそうです。名前の通り、滝の上に不動明王が祀られています。

031

|

« 光が丘団地・秋の陽公園の池 | トップページ | 赤塚植物園の池 »

板橋区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30769099

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大仏・乗蓮寺の池:

« 光が丘団地・秋の陽公園の池 | トップページ | 赤塚植物園の池 »