« 浮間ヶ池 | トップページ | 光が丘公園の池 »

須藤公園の池

Pb020769

Pb020768

所在地:文京区千駄木3丁目

 地下鉄千代田線の千駄木駅からすぐ北西側にある須藤公園は元は松平備後守の下屋敷で、明治期に品川弥二郎、さらに実業家・須藤吉右衛門の所有となって、昭和8年に東京市に寄贈され、公園となりました。現在は文京区に移管されています。
 こじんまりとした公園ですが、台地の末端の斜面と低地からなり、起伏に富んでいます。クスノキなどの巨木も多く、よい雰囲気です。最高所の水源からは「須藤の滝」が落ち、渓流となって、低地の池に注いでいます。滝は人工水源ですが、けっこうな標高差を何段にもなって落下し、なかなか本格的です。また、滝の下の渓流部分には湧水も見られます。池の中の島には弁財天が祀られ、また池を取り巻くように藤棚が作られています。
 2008年2月に訪れた時は池にオシドリ♂が1羽いました。

005

|

« 浮間ヶ池 | トップページ | 光が丘公園の池 »

文京区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30764151

この記事へのトラックバック一覧です: 須藤公園の池:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/07/31 08:50) [ケノーベル エージェント]
文京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年7月31日 (金) 08時51分

« 浮間ヶ池 | トップページ | 光が丘公園の池 »