« 有栖川宮記念公園 | トップページ | 椿山荘庭園の池 »

江戸川公園の池

011

所在地:文京区関口2丁目

 東京メトロ・有楽町線の江戸川橋駅から地上に出ると、江戸川橋があります。下を流れる神田川が古くは江戸川とも呼ばれていたので、この橋の名前があるわけですが、この橋の袂から神田川の左岸側の上流へと続く細長い公園が江戸川公園です。目白台の南斜面と川の狭間に立地する公園で、かつては神田上水の堰があり、崖上の高台からは早稲田方面の田園風景や富士山を望む景勝地として昔から知られ、『江戸名所図絵』にも描かれています。

 現在は川べりに桜が植えられ、春の花見の名所となっています。

 神田上水は徳川家康が江戸に入府した直後に造らせた日本初の上水道で、井の頭池を水源とする神田川に堰を設けて水位を上げ、そこから取水して江戸市中に供給していました。その取水口(大洗堰)が大滝橋(江戸川橋から上流に2つ目の橋)付近にあり、そこから水戸徳川家の上屋敷(今の後楽園)に引き込み、さらに江戸城内や神田・日本橋方面に給水していました。

 この橋から下流の神田川には余水を流していたわけですが、この下流部を江戸川と呼んだようです。その江戸川にかかる最初の橋ということで、江戸川橋と命名されたのでしょう。

 大正8年に東京市(当時)はこの史跡を江戸川公園として整備し、大洗堰の保存に努めましたが、神田上水は昭和8年に廃止され、堰も撤去されました。現在は取水口の遺構の一部のみが保存されています。園内には台地の裾から湧き出た水による細長い池があり、その末端にあるのがその遺構の石柱です。

009

(写真手前にあるのが大洗堰の石柱)

|

« 有栖川宮記念公園 | トップページ | 椿山荘庭園の池 »

文京区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30677204

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川公園の池:

« 有栖川宮記念公園 | トップページ | 椿山荘庭園の池 »