« 東光寺の龍神池 | トップページ | 成城池 »

平和の森公園の池

Nakanoike05

所在地:中野区新井3丁目

 西武新宿線・沼袋駅の南、妙正寺川沿いに1985年に開園した平和の森公園は中野区の「憲法擁護・非核都市宣言」にちなんだ公園で、それ以前は1910年から1983年まで中野刑務所があった場所です。公園造成時の発掘調査によって先土器時代(1万3千年前)から江戸時代末期までの複合遺跡が発見され、とりわけ弥生時代後期の竪穴住居が約260軒も見つかっているということです。また、当時の村の有力者を葬ったと考えられる方形周溝墓も中野区内では初めて発見されました。公園の西から北を巻くように妙正寺川が蛇行して流れ、湧水も豊富な、古くから人が住むのに適した土地だったのでしょう。
 弥生時代の住居も復元された園内の最高所から人工の流水があり、高さの異なるいくつかの池を経て、石組の間を流れ下り、最後は滝となって、妙正寺川に流れ込んでいます。公園の南側が中野水再生センター(下水処理場)なので、その処理水を流しているものと思います。

|

« 東光寺の龍神池 | トップページ | 成城池 »

中野区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30688643

この記事へのトラックバック一覧です: 平和の森公園の池:

« 東光寺の龍神池 | トップページ | 成城池 »