« 駒沢緑泉公園の池 | トップページ | 新宿御苑の池 »

三島公園のビオトープ池

003

所在地:世田谷区深沢5-11

 三島公園は駒沢通りと駒沢公園通りが交わる深沢不動交差点の南西側にあり、呑川緑道に面しています。普通の児童遊園ですが、公園の一角に池があり、水辺の生き物が観察できるビオトープになっています。

 そもそも公園名の三島とは隣接する深沢神社が伊豆国の一宮・三島神社の分社として創建され、三島神社と呼ばれたことに因んでいます。明治42年に当時の深沢村各所に祀られていた神社を三島神社に合祀して深沢神社と改められました。

 その深沢神社は三島公園に隣接する高台にありますが、かつては三島公園の敷地も境内に含まれていたらしく、そこに湧水の池があったそうです。池には三島の名に因んだのか、三つの島があり、そのうち一番奥の島に弁財天が祀られていたということです。

 この池には片目の鯉の伝説があります。付近の農民が病気が快癒したお礼に池に鯉を放したところ、冷たい水のせいで鯉が片目になったとか、眼病の人が弁天様に願をかけて片目の鯉を池に放したとかいう話です。

 その弁天池の名残は現在もあって、深沢神社の本殿の右脇に崖下に通じる石段があり、その小さな窪地に弁天様が祀られています。湧水の名残のようなものもあり、池というより水たまりのようなものですが、赤い橋がかかっています。この水は塀で仕切られた三島公園のビオトープ池に通じています。

004

(ビオトープ池の奥のフェンスの向こうが深沢神社の弁天様)

001

(深沢神社境内の隅にひっそりと隠れている弁天社)

002

(水は画面上方に流れ、三島公園の池に通じています。)

|

« 駒沢緑泉公園の池 | トップページ | 新宿御苑の池 »

世田谷区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30741988

この記事へのトラックバック一覧です: 三島公園のビオトープ池:

« 駒沢緑泉公園の池 | トップページ | 新宿御苑の池 »