« 成城池 | トップページ | 国会前庭の池 »

清澄庭園の池

P1010474

所在地:江東区清澄3丁目

 江戸時代の豪商・紀伊国屋文左衛門の屋敷跡だとも伝えられる清澄庭園は地下鉄の大江戸線・半蔵門線の清澄白河駅からすぐのところにあります。明治になって三菱財閥・岩崎家の所有となり、おもに三菱社員の親睦や国内外からの貴賓をもてなす場として広大な敷地に洋館や和館が建てられ、庭園が整備されました。池は隅田川の水を引き込み、潮の干満によって水位が変化する「潮入りの池」だったそうです。
 その後、関東大震災や戦災により、当時の建物は失われましたが、唯一、罹災を免れた数寄屋造りの「涼亭」が池のほとりに残っています。
 池は現在は外部との繋がりはなく、淡水で、立派な鯉が泳ぎ回っています。庭園には三菱の汽船で運び込まれた全国の名石が配置され、水上を飛び石伝いに歩ける「磯渡り」などの趣向も凝らしてあり、回遊式林泉庭園の風情を今に伝えています。東京都の名勝に指定されています。
 入園料150円。

Pb010765

Pb010772

Pb010770

Pb010768

Pb010767

|

« 成城池 | トップページ | 国会前庭の池 »

江東区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30689146

この記事へのトラックバック一覧です: 清澄庭園の池:

« 成城池 | トップページ | 国会前庭の池 »