« 深沢八丁目無原罪特別保護区の池 | トップページ | 旧古河庭園の池 »

旧安田庭園の池

P9300803

所在地:墨田区横網1丁目

両国国技館の北隣に旧安田庭園があります。元は丹後宮津藩主・本庄氏の下屋敷で、庭園は元禄年間に作庭されたものです。典型的な回遊式庭園で、池の水は隅田川から引き入れ、潮の干満によって水位が変わる「潮入の池」でした。

031

 庭園はその後、安田財閥の安田善次郎氏の所有となり、その死後、東京市に寄贈されました。関東大震災や戦災によって被害を受け、荒廃した時期もあったそうですが、現在は墨田区によって往時の名園の姿を取り戻しています。ただし、池はもはや隅田川と繋がっておらず、水門の遺構が残るだけです。従って潮入の池ではありませんが、地下に巨大な貯水槽を造り、水を循環させることで人工的に水位を変化させる仕組みになっています。

030

(庭園に隣接する両国公会堂)

|

« 深沢八丁目無原罪特別保護区の池 | トップページ | 旧古河庭園の池 »

墨田区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30594522

この記事へのトラックバック一覧です: 旧安田庭園の池:

« 深沢八丁目無原罪特別保護区の池 | トップページ | 旧古河庭園の池 »